おやじは育児で筋肉痛

おやじは育児で筋肉痛

長女は言語発達遅滞、次女は重度知的障害、母は認知症高齢者。そんな家族に囲まれて、時には楽しく、時にはメンタルやられて心療内科にお世話になりながら毎日を過ごしています。そんなおやじのブログです。何といっても子育ては体力勝負。 筋トレ・フィットネス・ダイエットにもチャレンジしてます。あと、おやじのくせにガッキーの大ファンです。疲れた時は新垣結衣さんの出演作みて癒されてます。

自宅のバリアフリー改修を断念

知的障害児を守るリスクマネジメント改修

以前に何度かこのブログで「自宅のバリアフリー改修」について書きました。

多動性の強い我が子(重度知的障害児)の在宅生活の安全を確保するため、屋内の危険な箇所の改修工事を準備していました。

 

我が家は何の変哲もない普通の家ですが、知的障害児にとっては至る所に危険が存在しています。

通常では考えられない行動で自分の身を危険に晒すことが多いです。

そもそも危険を認識する能力が乏しいので仕方がありません。


改修工事の内容としては、バリアを取り除くというよりも、事故発生の危険性を取り除くという意味で、以前のブログでも「リスクマネジメント改修」という書き方をしました。

f:id:oygkaizo-project:20201130212715p:plain 

工事内容も決まり、さぁこれからという段階でしたが、、、

この改修工事は、役所の補助金を活用するもので、役所とは何度も打ち合わせを行いました。

そして概ね工事内容も決まって、さあいよいよこれから〜という段階に来ていましたが、本日、大変勝手ながら、役所に対して工事の延期(辞退)を申し出ました。

 

役所の担当者さんには、ほんと申し訳ない気持ちでいっぱいです。

もちろん、私自身も残念な気持ちでいっぱいです。

 

やっぱ新型コロナが気になる

改修工事の辞退の理由は新型コロナの感染拡大です。

今回の工事の段取りを始めた頃は、コロナの感染拡大もある程度落ち着いていましたが、ここに来て爆発的な感染拡大を見せています。

自分の中で、このような状況で、屋内に外部の人の出入りを招くことに大きな危惧の念を抱きました。

感染者数が少ない地域ならまだしも、ここは感染の最前線とも言える大阪です。

そんなことを考えると、もう少し様子を見てからでも良いのではないかという気がしてきたのです。

 

かなり迷いましたが、こちらの都合であやふやな態度は取れないので、一旦、補助金の申請を取り下げ、工事は白紙となりました。

来年度以降もこの補助事業が存続している保証はありません。

また補助事業が存続していたとしても、今年度、一旦、決まっていた補助金を蹴ったわけですから、次に申請しても自分に回ってこないかもしれません。

そんなことを考えて、迷いに迷いましたが、全てはコロナが落ち着いてからという結論に達しました。

 

とても神経質に思われるかもしれませんが、やはり小さな子供や高齢者がいる家庭なので、色々と余計な心配をしてしまいます。

改修工事については、来年度以降、コロナの状況を見ながら考えていくつもりです。

工事自体は、我が子の特性から考えて、今後、間違いなく必要になってくると思いますので、補助金が交付されないとしても、自腹で工事をするつもりです。

今回、発注を依頼していた施工業者さんとも、その旨でお話しさせていただいています。

色んな工夫が載っていておススメです。

 

公的サービスの利用について

今回「住宅改修補助金」は利用に至りませんでしたが、我が家では障害のある子を育てる上で、いくつかの障害福祉サービスを利用しています。


福祉分野だけでなく、公的サービス全般に言えることですが、サービスの受給は基本的には申請主義の上に成り立っています。

いくら有益なサービスがあっても、その情報を得て、役所に対して利用の意思を示さなければ、利用することができません。

中には、継続的なサービスを受ける上で、受給資格の更新時期が来れば、役所から声がかかる場合もありますが、原則的には当事者からの申し出が必要です。

そういう意味では必要なサービスを利用するためには、常に役所が発信する情報に敏感でなくてはいけません。

 

私も自分が住んでいる自治体で「障害者のための住宅改修補助金」が用意されているとは思ってもみませんでした。

補助金の交付実績を聞いたところ、市民にはあまり浸透していない様子、、、。

やはり情報を得るって大切だなぁと実感しました。

障害者や高齢者にとっては尚更です。

ただ、そういった社会的弱者は情報弱者でもあるので、自治体には、もうちょっと情報発信について工夫をしていただけたらと思っています。

(役所って、とにかく情報発信や広報が下手ですよね。わかりやすい情報発信を期待したいです。)

 

私自身は、以前まで役所の事業になんて何の興味も湧きませんでしたが、障害のある子を育て、認知症の母の世話をしている現在では、役所の支援なくして我が家の生活は成り立ちません。(障害者福祉しかり、高齢者福祉しかり、、、)

これからも注意深くアンテナを張りながら、役所の情報発信に耳を傾けていきたいと思います。

 良かったらこちらも読んでね。

 

ダイビングの楽しさを教えてくれたパラオの海

えーっと、今日はまた昔のことを思い出して、キューバダイビングについて書いてみます。

得意の現実逃避です!

いやいや、現実は十分幸せです!!

心のどこかに「またいつか潜りたいなぁ」って気持ちがあるんでしょうね。

f:id:oygkaizo-project:20201129001537p:plain

 

ちなみに日本はこれから冬を迎えますが、ちょうどこの時期、パラオサイパンなどミクロネシアが乾季でダイビングシーズンに入ります。

 

今の私は全く飛行機なんて乗らない生活なので分かりませんが、サイパンパラオへの直行便はまだあるんでしょうか。

ダイビングをしていた頃は、よく利用していました。

サイパンまでは3時間、パラオまでは4時間半程度だったと記憶しています。

近いですよねー。

 

サイパンなんかだと、大阪を金曜日の晩に出発して月曜日の朝に帰ってくる感じでした。

そして、そのまま職場に向かってフラフラでした。

 

パラオはもうちょっと長めで1週間くらいの日程で行ってたと思います。

観光なんてするところがないのでダイビングオンリーです。

サイパンの場合は免税店で買い物したり、潜る以外にも楽しみがあるんですけど、パラオは何もありません。

(と言っても、私が通ってたのは10年も前の話なんで現在は知りませんが。)

 

何もないパラオですが海の中はすごいです。ほんとにすごい!

日本人ダイバーにとっては、パラオはまさに身近な天国です。

「魚影が濃い」の何のって!!

魚が多いことを「魚影が濃い」って言います。

別に、魚が多いって普通言えばいいじゃんかねぇ。

ダイバーだけかな、こんな言い方。

 

パラオの海は魚がとにかく多いので、世界中のダイバーから人気があります。

日本人ダイバーが最初に憧れる外国の海ってパラオじゃないかなぁ、めちゃ近いし。

 

パラオに行くなら、大体100本くらいの潜水経験を積んでからって言われてます。

というのも、パラオの海は流れがすごく強いんです。

魚影が濃い、魚が沢山集まるのは流れが強いからです。

なので、魚が集まる面白い海は流れが強く上級者向きということになります。

 

実際のところ、パラオの海は経験者にとっては何でもない流れですが、やっぱ慣れてない人にはキツイ海です。

ダイビングはチームで楽しむもので、かつ、大きな危険を伴います。

なので、どうしても安全面から、経験の少ない人を基準としたダイビングプランになります。

そうなるとあまりに経験の少ない方がチームにいると、他のメンバーにとって楽しいダイビングにはなりませんよね。

あと、そもそも経験が少ないと、海の中でみんなに着いていくのが精一杯で、本人も全然楽しめないはずです。

そんなこともあって、パラオは100本過ぎてからなんて言われています。

 

前置きが長くなりましたが、そんなパラオの海の見所は、ポイント(潜るエリア)によって表情が全然ちがうところでしょうか。

 

こちらの写真は「ジャーマンチャネル」というポイントで撮影したものです。

かなり高確率でマンタに遭遇できるポイントです。

f:id:oygkaizo-project:20201128232923j:plain

 

こちらは「ブルーコーナー」。世界屈指のダイビングポイントです。

魚の群れが一つの個体に見えるほど密度がすごいです。

写真はギンガメアジラクーダの群れです。

f:id:oygkaizo-project:20201128233216j:plain

f:id:oygkaizo-project:20201128233127j:plain

 

こちらは「ブルーホール」。地形を楽しむポイントです。

と言っても魚影も濃いです。写真はツノダシの群れ。

f:id:oygkaizo-project:20201128233536j:plain

f:id:oygkaizo-project:20201128233052j:plain


パラオの海を初めて見た時は自分の目を疑いました。

まるでCGを見ているような不思議な気分になるほどです。

もちろんすごい海は他にも沢山ありますが、当時は私も日本以外の海をあまり知らなかったので、もう興奮しっぱなしでした。

国内にも石垣島西表島与那国島など楽しい海はあるんですが、格が違うというか、、、世界はやっぱ広いですね。

 

ダイビングをする人の中にはカメラをやる方が多いと思いますが、初めてのパラオの海はファインダー越しではなく、まず肉眼で楽しみましょう。

こんなこと言わなくとも、きっとシャッターを切るのを忘れて、その光景に圧倒されると思います。

カメラはやっぱ一眼レフ、ワイドレンズで臨みたいですね。

もちろんマクロが楽しめるポイントだってありますよ。

 

とにかくパラオは私にとって、ダイビングにどっぷりハマるきっかけとなる海でしたね。

その後、一人で色んな国の海に繰り出しました。

もちろん、パラオにも何度も通いました。

当時は財布の中身がすっからかんだったなぁ、、、。

 

もう10年も潜っていませんが、やっぱ体はその興奮を覚えていますね。

ブログ書いててウズウズしてきます。

まだパラオ未経験のダイバーさんがいたら、是非ともあの海を体験してほしいと思います。

 

といっても、このコロナ禍では厳しいですかね。

ダイビング自体はコロナに左右されるようなものではないと思いますが、現地までのフライトが不安ですよね。

そもそも自由に渡航できるのかも分かりません。

 なんかもう世の中の全てのお楽しみはコロナが落ち着つくまでお預けって感じですね。

私は部屋に籠って、これまで撮影した写真を見ながらニンマリすることとします。

もう一回行きたいなー。

良かったらこちらも読んでね。メキシコ・ラパスの海について書いています。

 

福祉サービスの充実よりも期待すること

日々、福祉サービスに助けられています

うちには2人の娘がいます。

下の子には重度の知的障害があり、現在は市の療育センターに通わせてもらっています。

娘本人にとっても、そして私たち保護者にとっても本当にありがたい公的サービスです。

これは児童福祉法に基づく障害児を対象とした通所系福祉サービスの一つで「児童発達支援」と呼ばれるものです。

このサービスによって、どれほど私たちが助けられていることか。

 

その分、自粛期間中は大変でした

この春のコロナ禍における緊急事態宣言の下で、学校や保育所同様、娘が通う療育センターも利用停止となりました。

その期間中は自宅でべったり娘と向き合う時間となったのですが、心身ともに疲れ果てて、もうギリギリの状態まで追い込まれました。

我ながら恥ずかしい限りです。

そこまで追い込まれたのは、娘だけでなく、認知症の母の存在も大きな要因となりました。

母は普段は週に3回、半日型のリハビリ特化型デイサービスに通わせてもらっていますが、緊急事態宣言下では、自粛により、これまたべったり家にいました。

まさに知的障害と認知症のサンドイッチ!!

そんなこともあって、私自身、当時は日に日に情緒が不安定になっていきましたので、迷いながらも結局メンタルヘルスに駆け込みました。

そのおかげか、幸い、それ以上に悪い状況を招くことはなかったのですが、あの時は本当に大変でした。

 

再び、緊急事態宣言&自粛突入か、、、

春の自粛期間が明けて以降、コロナ禍という状況は変わらないものの、各々が気をつけながら世の中は回っていくものと思っていましたが、最近はいよいよ雲行きが怪しくなってきました。

連日更新される感染者数や重症患者数。

私の住む大阪は、東京や北海道と同様に深刻な状況にあります。

そしてとうとう先日から府内の一部地域の飲食店で時短要請がありました。

公的サービスの利用を含めて、幅広い自粛要請がいつ発出されてもおかしくない段階まで来ています。

もう戦々恐々としながら、その行方を見守るしかありません、、、。

 

いや、そんな話じゃなくって、、、 

えーっと、なんの話でしたっけ?

書いているうちに、当初書きたかったことと違う話になってしまいました。

そもそもコロナのことなんて書くつもりじゃなかったんですが、、、。

私たち障害児のいる家庭は、様々な公的サービスに支えられて生きていますってことを書くつもりが、いつの間にやら車線変更して違う話になってしまいました。

 

障害者向けサービスを知る上での良本

改めまして、こういった便利な本があります。

「障害のある子が将来にわたって受けられるサービスの全て」

自分の子に障害があるって分かった時は誰しも絶望に近い心境になると思います。

何がいけなかったんだ!と宛のない原因探しに明け暮れたり、無理やり自分の中に原因を求めたり、、、。

そんな状況で私はこの本によって救われるところが沢山ありました。

 

この本の内容が全てが正しいか、また、うちの娘に該当するかどうかは分かりませんが、世の中には障害者のためのサービスが「ある程度」用意されていることが分かりました。

 

突っ込んだ内容を知るためにはこの本だけでは足りないと思いますが、障害のある子どもたちの受け皿について知るうえでの入門書としては十分な内容かと思います。

 

また関連本として以下の本も発売されているようなので、近いうちに勉強のため購入してみようと思います。

「まんがと図解でわかる 障害のある子の将来のお金と生活」

 SNSなどのネット上では、障害者に対する心ない発言を多々目にします。

こういった差別や偏見は無くなりませんが、少なくとも社会的なインフラの整備は進んでいるようです。

ただ、給付や減免も大変有難いのですが、それよりも世の中の啓発が進んで、人の目を気にすることなく、また、誰に遠慮することもなく、障害のある子を連れてお出かけできるようになれば嬉しいです。

(と言いつつ、人様の心は変えられませんので、私自身がクソ強いメンタルを手に入れるしかありませんよね!!)

 ■こちらも読んでもらえたら嬉しいかも■

 

「松嶋菜々子の美しさにやられる」の巻

最近ドラマ見てますか

皆さん、最近、何かドラマ見てますか?

私は今クールは何一つ見ていません。

昔はめちゃめちゃドラマっ子で毎日何かしら見ていましたけどね。

ちなみに前クールは「半沢直樹」と「MIU404」を見てました。

 

最近、自分は「時間貧乏性」と言いますか、ドラマ鑑賞だけに1時間を費やすのがもったいなくて、「ながら」で見ても理解できる程度の軽いドラマが好みです。

あとは既に内容を知っている過去作とか。

ブログを書いたり、副業作業(朝顔の種の発送準備とか)中に垂れ流して、ながら見しています。

 大好きなドラマ「やまとなでしこ

そんな中、最近、思わず見入ってしまったドラマ(過去作)があります。

それは2000年放送の松嶋菜々子さん主演の「やまとなでしこです。

 (数ヶ月前に2夜連続にまとめられた再放送があったらしいですが知りませんでした。)

 

自分のコレクションの中から、何となく見始めたんですが、いやー、20年たっても名作は色褪せませんね。

松嶋菜々子さんがとにかく絶世の美女

ドラマでもそういう役どころですが、当時この役を演じられるのは松嶋菜々子さん以外にはいなかったでしょうね。

 

私、今は新垣結衣さんのファンですが、当時は松嶋菜々子さんの大ファンでした。

ちなみに新垣結衣さん主演の「全開ガール」はどこから見ても「やまとなでしこ」のパクリ(オマージュ?)のような作品でした。

                      ■こちらも見てね■ 

どちらも大好きですけど、主演をはじめ、演者全員の演技力から「やまとなでしこ」のほうが圧倒的に面白いです。

 松嶋菜々子おそるべし

ところで、先程書いたようにこのドラマが20年たっても色褪せないのは、松嶋菜々子さんのスタイルの良さによるところが大きいと思います。

 

最近ドラマを見ていて強く思うことは、時代の流れに伴って、演者さんのスタイル(体型)がどんどん良くなっているということです。

長身、小さなお顔、長い足など、、、。

なので、演者さんの体型を見て、直感的に「古い」か「新しい」かを区分してしまいます。

(これはあくまでトレンディドラマに言えることですが、、、。)

 

その点「やまとなでしこ」は、松嶋菜々子さんのズバ抜けたスタイルの良さにより、20年という時代の流れを感じさせません。

(内容的には、スッチー(死語?)全盛期のものなのでちょっと古いが、「才能を隠し持った冴えない男性」と「高嶺の花的な美しい女性」の恋愛ものという全時代共通にウケるパッケージです。)

 

個人的には、とにかく好きな作品なので、これから死ぬまでに何度も見ると思います。

若い人はひょっとしてまだ見ていない方も多いかも知れません。

見てない方はぜひぜひ見てもらいたいです。

当時の松嶋菜々子さん出演作品としては、もはや言わずもがな、「GTO」「美女か野獣も最高なのでおススメです。

両作での対照的な役柄を見比べてみると、きっと楽しめると思います。

 

副業のひとつ「皇帝ダリア挿し穂の販売」は今年はおやすみ

皇帝ダリアが満開の季節になりました。

いよいよ冬の到来ですね。

冬の到来を前にして、皇帝ダリアが満開の季節を迎えました。

今や多くのご家庭で見られるようになりましたね。

もうどこもかしこも皇帝ダリア。ちょっと見飽きた?

 

皇帝ダリアで副業(今年はお休み)

例年なら、この後、副業でやってます皇帝ダリアの出品準備に入るのですが、今年はお休みしようかなと思っています。

皇帝ダリアってフリマサイトで結構人気なんです。

ご近所でよく見かける皇帝ダリア(「第一世代」)はもうイマイチですが、この後書きます「第二世代」「第三世代」の皇帝ダリアは、まだまだ人気で、出品すれば飛ぶように売れていきます。

良い稼ぎになるし、何より自分が育てたものを誰かに購入してもらえるって、本当に嬉しいことです。

にも関わらず、なんか今年は気分が乗らないんですよね。

んー、これもコロナの影響か、知らんけど。

 

うちの皇帝ダリアのご紹介

第一世代

こちらの「一重咲ピンク」の皇帝ダリアは色んなご家庭で見られるようになりました。

「元祖皇帝ダリア」「第一世代」とも言えるでしょう。

f:id:oygkaizo-project:20201125102953j:image f:id:oygkaizo-project:20201125103018j:image

 

第二世代 

続いて「第二世代」の皇帝ダリアはこちら。

f:id:oygkaizo-project:20201125103220j:image f:id:oygkaizo-project:20201125103241j:image

これは、昨年、うちの庭で咲いた「一重咲ホワイト」の皇帝ダリアですが、こちら元々は「八重咲き」でしたが先祖返りしてしまったのでしょうか。

「第二世代」として「八重咲き」のホワイトとピンクが世の中に出回りました。

ホワイトエンジェルとかいう品種名だったかな。

こちら「第二世代」の特徴は開花時期が遅いということです。

なので、地域によっては開花する前に霜が降りてしまい、なかなかお花を拝めません

暖かい大阪でも開花が先か、降霜が先か、この時期はヤキモキさせられます。

 

第三世代 

そんな問題が改善されたのが「第三世代」の皇帝ダリアです。

f:id:oygkaizo-project:20201125103812j:image f:id:oygkaizo-project:20201125103825j:image

f:id:oygkaizo-project:20201125103842j:image f:id:oygkaizo-project:20201125103856j:image

f:id:oygkaizo-project:20201125103910j:image f:id:oygkaizo-project:20201125103920j:image

f:id:oygkaizo-project:20201125103947j:image

「ガッツァリア」と呼ばれる品種で、一重咲き、八重咲き、色も豊富に揃えられています。

ピンク、レッド、アプリコット、ダブルピンク、ダブルクリーム、フラミンゴ、、、まだまだ他にもあったかな。

うちで全ての品種を揃えようと思っていたのですが、場所がなくてフラミンゴは諦めました。

こちらの「第三世代」の「ガッツァリア」は10月には早々に満開を迎えます。

また背丈も低くなって鑑賞しやすくなっています。

「第一世代」はもう飽きた、「第二世代」はなかなか咲かない、そういう問題を「第三世代」が解消してくれました。

 

皇帝ダリアの副業は手間がかかる

これら皇帝ダリアは霜が降りたら、花は全滅します。

そのタイミングで切り倒すのですが、この倒した幹を一節ごとに切り分けて、来春に植えると新たに株を増やす事ができます。 

(「第三世代」ガッツァリアに関しては、何度か試しましたが、うまくいかないものもありました。)

 

で、切り分けてフリマサイトに出品、売れたら発送するわけです。

ただ、この段階で購入してもらえるのはごくごく少数です。

そりゃあそうですよね、芽が出るかどうかも分からないものを購入してくれる人は少ないです。

(皇帝ダリアの発芽率は意外と高いのですが、、、)

 

なので、大部分は来年の春に発芽するまでこちらで保管することになります。

その保管方法としては、そのまま土に埋めて保管したり、一個一個を水草で巻いてポッドに入れて保管したり、やり方は様々ですが、とにかくそれが面倒なんです。

準備さえ済ませりゃ、あとは寝かせておくだけなのですが、ちょうど作業のタイミングが年の瀬の迫る忙しい時期と被ります。

 

私の考える副業

私にとって副業収入は、将来を考えると大切な収入ですが、あまりゴリゴリガツガツ稼ごうって感じでもありません。

そりゃあ稼ぎが多いに越したことはないのですが、私としては趣味の延長線上でぼちぼち稼げればというスタンスです。

自宅でこうして机の上でお金が稼げれば一番なのですが。

そういう意味ではブログをマネタイズされている方は本当にすごいと思います。

 

まぁ何にせよ、このブログでは一生無理でしょうね―。

なんか良い副業、他にも見つかればいいなーって思っています。

良かったらこちらも見てね 

oygkaizo-project.hateblo.jp

 

gkaizo-project.hateblo.jp

 

みなさん、資産運用の調子はいかがですか

私のド素人投資成績 大公開

今日も株価上昇中!!

最近はこのコロナ禍でも株価が爆上がりですね。

今日の日経平均も順調に上げています。(終値はどうなるか知りませんが、、、)

株価だけ見ているとまるで好景気みたいに錯覚しますね。

こんだけ株価が上昇しているのに、私は安定して含み損を抱えています。

ほんと嫌になる、、、。

そんなことで、今日は私のド素人投資について書いてみます。

f:id:oygkaizo-project:20201124135005p:plain

 みんなお尻に火が付いた?

はてなブログを見ていても、投資の記事をよく見かけます。

やっぱみんなやってるんですねー、投資。

だって給与収入や事業収入だけでは、なかなか資産は増えませんもんね。

老後2千万円問題が騒がれて、いっきに投資人口も増えたんじゃないでしょうか。

多くの人が年金だけでは暮らしていけないのは何となく分かっていたはずですが、その不足額の積み上げをはっきりと示されて、今更ながら驚いちゃいましたね。

今ある収入で賄えないなら、投資してお金に働いてもらわなきゃしょうがないです。

まぁ、その前に節約や支出の見直しが先ですけどね。

 

私の場合

確定拠出年金 iDeCo(イデコ)

8年前からイデコをやっています。

イデコを始めたきっかけは脱サラです。

家庭の事情で脱サラしたわけですが、まず頭に浮かんだ心配ごとは年金のことです。

サラリーマン時代は年金のことなんて考えたこともありませんでしたが、脱サラ後、国民年金に切り替える手続きの際にその受給額の少なさに腰が抜けそうになりました。

そこで慌てて自分年金としてイデコを開始したわけです。

で、先ほど、改めてこの8年間の運用成績を見てみました。

 

拠出金(掛金)累計 4,220,000円

資産残高      4,991,034円

損益          771,034円

損益率            18.3%

 

んー、微妙、、、。

損益率を見てみると、まあまあかとも思いましたが8年続けてこれです。

年利にするとほんと2%程度でしょうか(詳しいことは分からんが、、、)。

これはちょっと寂しいですね。

始めた当初の見込みでは年5%くらいの利回りで考えいましたからね。

しょぼい原因としては、実は最近ちょくちょく「元本確保」商品の割合を増やしてるんです。

確認したらポートフォリオの35%も占めてるし、、、そりゃあ増えないわ、、、。

現在40代半ばですが、守りに入るにはちょっと早すぎますかね。

60歳到達時点ですぐに必要になるお金かどうかをもう少しよく考えて、今後の運用を見直していきたいと思います。

 

個別株投資

イデコのほかに5、6年ほど前から個別株もやっています。

これだけの年数やってれば、少しは学習して上達すると思うんですが、全く上達しませんね。

この5年間の売買収益と配当金収入の合計がだいたい180万円くらいでしょうか。

ハッキリ言って、売買せずに配当金だけもらってたほうが儲かってたかも知れません。

ちなみに今年の現在までの状況は、

 

売却益       236,252円

配当収入      105,600円

含み損       673,750円

 

コロナショックでの狼狽売りが痛かったですね。

持ち株が溶けるように値下がりしていったので一部を慌てて売ってしまいました。

 

来月、ここに10万円程度の配当金が入ってくるので、トータル23万円程度のマイナスになります。

この損失を確定(損だし)することにより、売買益と配当収入にかかる税金9万円程度が返ってくるので、結果的には14万円程度の損失になる見込みです

 

記事の冒頭にも書きましたが、最近、株価がめちゃめちゃ上がってるのに、私の場合こんな感じです。

コロナショックでいったん急激に下げた持ち株が最近になって戻してきました。

2週間くらい前でしょうか、ちょっと利益が乗った程度で売却してしまったのですが、あれを売らずに現在も保有していたら、もうウハウハな状況だったんですけどね、、、

村田製作所とか、東京エレクトロンとか、イオンとか、オリックスとか、、、言い出したらキリがない。

手元には、あおぞら銀行とかソフトバンクなど、クズ株ばっか残っています。

とりあえず、高配当株なので保有しておきますけどね。(減配するかもしれんけど。)

 

今後の運用について

私が買えば株価は下がりますし、私が売れば株価は上がります 笑。

(私の逆を行けば、皆さんきっと大儲け!)

どう考えても向いてないんでしょうねー。

なので、来年からは個別株をやめて、積立NISAでインデックス投資に切り替えます。

きっと退屈して、また個別株に手を出してしまいそうですが、、、。

f:id:oygkaizo-project:20201124135108p:plain

同居日記/老化による物忘れと認知症の違い

このブログで何度も書いていますが、うちには要介護180歳の母親がいます。

現在、同一敷地内の「母家」と「離れ」に分かれて半同居しています。

 

私が近くにおりますし、必要に応じて手伝えばそれなりに自立した生活が送れています。

正確には自立とは言えませんが、まだ食事や排泄の介助が必要な状態ではないので、この先も何とかこの状態を維持したいと思っています。

 

ただ、頭の中での情報の処理や管理がほとんどできなくなっているので、母の言動に振り回されることが多くなってきました。

とにかく物忘れが激しくなっており、10分前の会話を覚えていないこともしばしば、、、。

1つのことを認識させるのに通常の何倍もの労力が必要になっています。

その度にこちらもイライラしてしまうので、どうしても負担感が実際以上に大きく感じられてしまいます。

私が自分自身の感情を排除して、ロボットのように対応できれば、きっと腹も立ちませんし、淡々としていられるのでしょうが、なかなかそうもいきません。

 

そのような状況で最近「マンガ認知症と言う本を読みました。

マンガとありますが、マンガは各章の冒頭で概略説明にのみ使われており、全体としてはしっかりとした読み物です。

認知症についての書籍を読まなきゃと思いつつ、億劫でなかなか手が出なかった私にとっては、マンガが差し込まれていることもあり、随分と読みやすい本でした。

うちの母の場合、現在のところ、特筆すべき症状は「物忘れが激しい」とか「同じことを何度も言う」程度ですが、今後は「物盗られ衝動」「徘徊」などの問題行動が出てくるかも知れません。

認知症を知ること、また本人がなぜこういう行動をとるのかを知ること」が今後の介護を楽にすると思われますので、この本を何度も読んでみようと思います。

ただ問題行動を受け止めるのと、その原因を知ったうえで受け止めるのでは、こちらの心の持ちように大きな差があると思いますので。

 

本書に書かれていた中で分かりやすくて印象に残っていることをピックアップしてみると「老化の物忘れ」と「認知症」の違いが挙げられます。

細かい部分は端折りますが、あえて言えば、

  • 「老化の物忘れ」 ⇒ 「思い出せない」
  • 認知症」    ⇒ 「覚えられない」

ということのようです。

 

たしかに、先日、母の介護認定の更新のため認定調査があったのですが、まさにそれを目の当たりにしました。 

どういうことかというと、

調査の冒頭に3つの事柄を覚えてくださいと言われました。

(その時は手元にあった「ボールペン」「時計」「コップ」だったと思います。)

で、そのお話は一旦終了し、聞き取り調査に入りました。

その後、時間をおいて、さっきの3つの事柄を覚えていますか?となるわけですが、母は全く答えることができませんでした。

さらにはヒントを与えられても、答えがでてくることはありませんでした。


この際、ヒントが有れば思い出せる場合は、一旦は「覚えられた」ということで「老化による物忘れ」と考えられるようです。

一方、母の場合は、ヒントがあっても思い出せず、答えを聞いても特にピンとこなかったようです。

こういう場合はそもそも「覚えられない」ということで認知症と考えられるようです。

もしかしたら、私の書き方が乱暴すぎて、専門家の方から見ると違ったご指摘があるかも知れませんが、おおよそそのような事が書かれていたと認識しています。

 

こういった知識は、今後の介護生活で、大きな救いにはならないかもしれませんが、その知識の積み重ねによって、心の持ちよう、対処の仕方は大きく変わってくるものと思われます。

なので、これからもイライラしながらも、知識を蓄えながら、取り組んでいこうと思っています。

 

とは言え、家庭の状況からして在宅での介護は到底無理です。

正直言って、同居だけでも色々あって胃に穴が開きそうなので、とにかくこれ以上、状況が悪化しない様、神様にお祈りするばかりです。

結局は神頼みかよ!?

f:id:oygkaizo-project:20201016184350j:plain  同居は辛いよ。こちらも読んでね。

oygkaizo-project.hateblo.jp

 

コロナ禍での3連休は新垣結衣(ガッキー)さんに癒される

私、新垣結衣さんの大ファンです。

突然ですが、何を隠そう、私は新垣結衣(ガッキー)さんの大ファンです。

ファン歴はだいたい10年くらいになるでしょうか。その間、ガッキーは全く衰えることなく変わらずお綺麗です。

最近は少しお痩せになったようで心配ですが、、、。

 

「逃げ恥」で人気爆発

年明けには逃げるは恥だが役に立つ」(「逃げ恥」)スペシャルドラマが放送されるとのことで、今から楽しみで仕方がありません。

 

「逃げ恥」といえば、ガッキーを一躍スターダムに押し上げた大ヒット作です。

この作品でガッキー演じる「みくり」さんにハートを撃ち抜かれた方はもう数えきれないと思います。

これ以降、世の中のガッキー熱が爆上がりして、どんなアンケート調査(好きな女優ランキングなど)においても、ガッキーが常にトップを争う存在となりました。

 

 

ガッキー関連商品の盛り上がり

同時にファンの間では、ガッキー関連商品が驚くような高値で取引されるようになりました。

私はそれまでからちょくちょく転売でお小遣い稼ぎをしていましたが、ガッキー関連商品の転売に参加するようになってからは、かなり熱が入りました。

過去のガッキー掲載のファッション誌の購入に1万円、またクオカードや図書カードの購入に5万円を投じることもありました。

結局はそれに利益を上乗せして転売したわけですが、当時はとにかく転売よりも手元に置きたいという所有欲が高じての大金投入でした。

現在はガッキーのテレビでの露出が減っているせいか、ガッキー関連商品の転売熱(転売価格)もかなり下がっています。

結果、私の手元にも、売り抜けられずに残った高額な雑誌等が数点あります。

まぁ、ファンなので手元に置いておけば良いんですが、見られたら気持ち悪がられるので、こっそり自室にしまっています。

年明けの「逃げ恥」スペシャルドラマの放送で、また世の中のガッキー熱が上がったら売り抜けられるかもしれませんね。

 

ガッキーにハマったきっかけ「空飛ぶ広報室

ところで、数多くのガッキー出演作がある中で、私がここまでのガッキーファンになるきっかけとなった作品は、2013年放送の空飛ぶ広報室です。

それまでから、もちろんガッキーのことは知っていました。

ちゃんと作品を見たのは2010年放送の全開ガールで、この時に新垣結衣ってめっちゃ綺麗なぁ」って思い、2012年放送のリーガル・ハイでそのコミカルなコメディエンヌぶりにちょっとだけファンになりました。

そして翌年放送の「空飛ぶ広報室」で完全にやられちゃいました。

本作は有川浩原作(こちらも大ヒット)、野木亜紀子脚本(ガッキーとのタッグ多し。他にも掟上今日子の備忘録」「逃げ恥」「獣にならない私たち」)のもので、当時はハッキリ言ってノーチェックでした。

それが初回放送で改めてガッキーの美しさに衝撃を受けました。

しかも内容が私の大好きなお仕事もの。

夢破れた二人の男女が新たなステージで奮闘するというもので、テレビ放送では原作にない恋愛要素も加わり、おやじながら(7年前なので当時は私も少し若かった)熱狂してしまいました。

現在は家で仕事をしていますが、当時は自分自身もオフィスワークで広報にも従事し、毎日四苦八苦していたので、自分の姿を主人公たちに重ねるところも多かったです。

自分の職場にもガッキーみたいな女性がいれば1000倍の力が出るなんていつも思っていました。

働く女性のなかにも、身近に綾野剛(ガッキーとW主演)がいれば、、、なんて思っていた方も多かったでしょうね。

とにかくこの作品に何度癒され、元気づけられことか。

未だに何度も何度も見返してしまいます。

現に今回この記事を書いているのも、最近の疲れ解消のため、この作品を見返したのがきっかけです。

 

ガッキーの数々の出演作

この作品を見てから、ガッキーの大ファンになり、それまでの過去作を全て購入・鑑賞(そして転売)し、それ以降の作品も欠かさず鑑賞するようになりました。

なので、大ヒット作のコード・ブルー」season1&2を鑑賞したのも放送後、随分と時間が経過してからです。

どうしてこんなに素晴らしい作品をリアルタイムで見てなかったんだろうって我ながら驚きました。

映画ハナミズキなんかは内容はメチャクチャですが、ガッキーの美しさはやはり目を見張るものがありました。

逆にドラゴン桜なんてリアルタイムで見ていましたが、随分後にファンになってから、ガッキーが出演していたことを知りました。

「パパとムスメの7日間」(パパムス)も最高でした。こんな奇麗な娘がいたら父親として毎日心配で仕方がないでしょうね。

ちなみにこのドラマで使用されたセーラー服を10年後の「逃げ恥」で違和感なく着こなしてしまうガッキーは、世間から大いなる称賛を受けましたね。

 

空飛ぶ広報室」放送以降も、掟上今日子の備忘録」「リーガル・ハイ」 season2や、その他映画も含めて多数の話題作の主演を務められ、その後の「逃げ恥」での爆発的人気に繋がりました。

ガッキー出演作は他にも名作多数なので、いつか個別のレビューでも書いてみようかなって思います。

 

またガッキー主演の連ドラが見たい

最近は2018年放送の「獣になれない私たち」(「けもなれ」)以降、連ドラの主演から遠ざかっていますが、2021年は「逃げ恥」のスペシャルドラマ(単発)だけでなく、また連ドラの主演で活躍していただけたらと思います。

個人的には「リーガル・ハイ 」や「掟上今日子」の続編を希望します!!

ドラゴン桜」の続編放送が決定していますが、さすがに出演はないやろなぁ~。

f:id:oygkaizo-project:20201122160222p:plain

副業 売り上げランキングTOP10

前回に引き続き園芸ネタです。

前回、朝顔での副業について書きましたが、今回は30品種以上栽培している中での種の人気売り上げランキングTOP10を発表したいと思います。

(誰が興味あんねん!?)

 こちら前回記事です👇

oygkaizo-project.hateblo.jp

 

 では早速、

 

第10位

紅鳩台咲朝顔

f:id:oygkaizo-project:20201120130331j:image f:id:oygkaizo-project:20201120130343j:image

正式名称は不明ですが、紅鳩色の渋い色目かつ台咲朝顔(真ん中の筒の部分が折り返して表面に飛び出している)と言う珍しい組み合わせが人気です。

 

第9位

石畳咲朝顔

f:id:oygkaizo-project:20201120122427j:image f:id:oygkaizo-project:20201120122533j:image

前回もご紹介しましたが、花びらに大きく切れ目が入った珍しい朝顔です。切れ目の入り具合が個々に違うので楽しめます。

 

第8位

銀世界

f:id:oygkaizo-project:20201120122716j:image f:id:oygkaizo-project:20201120122720j:image

白ベースに青の覆輪、また、青ベースに白の覆輪など青と白のバランスが色々あって同じ品種の中でいろんな花を咲かせます。

 

第7位

獅子咲朝顔

f:id:oygkaizo-project:20201120122919j:image f:id:oygkaizo-project:20201120122929j:image

正式名称不明ですが、こちらは非常に珍しい出物が開花しました。出物は花びらだけでなく、葉っぱも特徴的で楽しいです。

 

第6位

早瀬

f:id:oygkaizo-project:20201120123117j:image f:id:oygkaizo-project:20201120123131j:image

こちらは青色の絞りが美しい大輪朝顔です。青色の絞りの挿し方はさまざまで、絞りなしの青一色の花も咲かせます。

 

第5位

恋しぐれ(ピンク)

f:id:oygkaizo-project:20201120123312j:image f:id:oygkaizo-project:20201120123317j:image

こちらはしだれ朝顔と言って、蔓が上に伸びず、下に垂れるタイプです。小ぶりの花が可愛いです。

 

第4位

鹿苑

f:id:oygkaizo-project:20201120123557j:image f:id:oygkaizo-project:20201120123605j:image

白ベースに紅鳩色の絞りが入ったり、紅鳩ベースに白の吹雪模様が入ったり、様々な模様が現れます。

 

第3位

ブルーミントツイスト

f:id:oygkaizo-project:20201120123710j:image f:id:oygkaizo-project:20201120123742j:image

こちらも前回ご紹介したものですが、青の絞り模様の入った羽咲朝顔です。フワフワでフリフリなところが美しいです。

 

第2位

スノーフレーク 

f:id:oygkaizo-project:20201120123824j:image f:id:oygkaizo-project:20201120123919j:image

こちらも前回ご紹介済みです。雪の結晶のような花が所狭しと咲きまくり、その咲き姿はは圧巻です。

 

第1位

団十郎

f:id:oygkaizo-project:20201120124031j:image f:id:oygkaizo-project:20201120124041j:image

こちらは言わずと知れた人気朝顔です。海老茶色の落ち着いた色合いがたまらなく渋いです。

 

以上、現時点での朝顔の種 売り上げランキングでした。

他にも色々なレアもの朝顔があるのですが、やはり価格設定も違うので、それが加味されたランキングになっています。

これからも来春の種まきシーズンまでフリマサイトで出品の予定です。

 

まだまだ出品していない種もいくつかあるので、そちらも順を追って出品していきます。

宜しければメルカリヤフオクを覗いてみてください。

(・・・最後に宣伝)

 

素人栽培ですので発芽率など正確なことは分かりません。また自然交配して翌春に違う花を咲かせることもあります。

フリマサイトは素人同士の持ち寄りの場とのご理解の上でお取引いただければ幸いです。

f:id:oygkaizo-project:20201120125624p:plain

 

今年も朝顔で副業収入

冬も近づき、ようやく朝顔の季節も終わりを迎えました。

秋咲の西洋朝顔は今もなお満開ですが、それら一部の品種を除いて、我が家の朝顔はほぼ花が咲き終わりました。

種の収穫はまだ残っていますが、そろそろ片付けなくてはなりません。

 

今年は行灯仕立てで20鉢以上、プランターでも20鉢以上のほか、畑にもネットを張って多くの朝顔を栽培しました。

 

例えばこちら。 

ブルーミントツイスト。絞りの入った羽咲が特徴的な西洋朝顔です。

f:id:oygkaizo-project:20201119140852j:image

 

石畳咲変化朝顔(名称不明)。切れ込みの入る石畳咲が特徴です。
f:id:oygkaizo-project:20201119140904j:image

 

黒王。黒に近い深い紫が特徴の大輪朝顔です。

f:id:oygkaizo-project:20201119154319j:image

 

右近。黄色の花を咲かせる珍しい変化朝顔です。
f:id:oygkaizo-project:20201119154732j:image

 

スノーフレーク。雪の結晶のように美しい西洋朝顔
f:id:oygkaizo-project:20201119140856j:image

 

以上はほんの一例ですが、うちで栽培しているのはほとんどが変化朝顔です。

 

いろんな形で栽培しましたが。やはり鉢植えよりも、地植えのものが格段に花つき・種つきが良かったです。

 

これだけ沢山の朝顔を育てているのは、一年を通じて園芸の副業をしているためで、朝顔栽培もその一環です。

朝顔は小学生の夏休みの宿題になるくらい誰でも手軽に楽しめます。

とても強い植物なので園芸の経験がない方でも、それなりに花を咲かせることが可能です。

夏場の日除けのためのグリーンカーテンとして、実用的に育てられることも多いです。

 

そんなこともあってか、今年も種はとてもよく売れています。

数年前に数品種から始めた販売が今年の取り扱いはなんと30品種オーバー!!

今になってちょっと手を広げ過ぎたと後悔しています、、、。

 

儲かるのは嬉しいのですが、やはり数を増やすと手間が増えます。

特に夏場は大変でした。

早朝と日が落ちてからの1日2回の水やりは欠かせませんし、成長に伴う仕立ての調整や種の収穫など結構時間が取られました。

また、これから枯れた蔓を片付けなくてはならないと思うとゾッとします。

それが済めば、土のリサイクル(干して乾燥させて、ザルにかける)も必要です。

土の代金も馬鹿になりませんからね。それに土は捨てられませんから、、、。

そんなことを考えていると、やはり副業としては、今くらいが限界かなって感じがします。

 

ちなみにこれからの季節は、枯れた蔓を輪っかに束ねてリースの土台を作ってフリマサイトに出品します。

クリスマスシーズンが近いのでこれもまあまあ買ってもらえます。

 

本音はもっともっと手を広げて稼ぎを増やしたいんですが難しいですね。

省力化できる部分がないですからね。

今は多くの人が副業に取り組む時代ですが、みんなどんなことやって稼いでいるんだろう。

自分ももっと効率的にやれればいいんですが、、、。

やはり私の場合は、副業は楽しみながら無理なくやれる範囲にとどめておくのが現実的かな。

来年はもうちょっと考えます。

我らが「ひらかたパーク」ご存知ですか

今日は長女の小学校が代休でしたので、次女の療育もお休みして、家族4人でひらかたパークに行ってきました。

皆さんご存知のひらかたパークです。

ディズニー、USJと並び日本の3大テーマパークに数えられるひらかたパークです 笑

 

地元大阪ではひらパーの愛称で知られる老舗遊園地で、USJと人気を二分しています。

(それは言い過ぎか、、、)

 

全国でも「遊園地通」の方ならその名を聞いたことがあるのではないでしょうか。

もしかしたらひらパーそのものより、イメージキャラクターのひらパー兄さんブラックマヨネーズ小杉)及び「スーパーひらパー兄さん(V6岡田准一)の方が全国的に知られているかも知れません。

 

ちなみにV6岡田くんは枚方(←これで「ひらかた」と読みます)出身です。

よくこんな大スターが枚方から出てきたなぁと大阪人もビックリしてます。

今や日本映画界を背負って立つ存在です。

武道や格闘技にも精通しており(カリ、ジークンドー修斗など)、その実力は指導者級とのこと。

また嫁さんはあの宮崎あおい、もうどの角度から見ても凄いです。

いやー、岡田くんほんとにカッコいいっす!!

 

えっと、話がそれましたがそんなひらパーに今日行ってきました。

天候は晴れ、最高気温23℃の行楽日和です。

今日は思いっきり子供を遊ばせてやるぞーって意気込んでいたのですが、現地について大ショック!!

なんと全ての乗り物・アトラクション利用時はマスク着用が必須とのこと。

いや、これは分かるんですが驚いたのは、なんとそれが2歳児からなんです。

えー!!うちの次女(5歳/重度知的障害児)は絶対無理です!!

マスクなんて一度も付けたことありません。

試したことすらないです!!

 

って言っていても始まらないので、入場時に子供用マスクを購入。

いざ試してみますと、案の定、マスクの紐を引きちぎらんばかりに嫌がります。

 

これは困りました。

と言いつつ、なんだかんだ言っても、こちらの事情を話せば大目に見てもらえるんじゃないかと、乗り物の受付スタッフさんに相談してみました。

 

 

 

 

「いや、規則ですので。」

 

の一言で、一刀両断!!

 

「おい、ひらパーよ、いつからそんな杓子定規な対応しかできなくなったんだ!

うちの子は、今日はわざわざ大事な療育を休ませてまで遊びに来てんだぞ!!」

(ええ、これは私ら親の自己満足のためですが、、、)

 

 

なんかその時はすごく残念な感情が湧き起こりました。

 

、、、が、それも一瞬のこと。

冷静になって考えたら、まぁそれも当然のことでしょうね。

このコロナ第3波襲来が叫ばれる中、また連日、感染者数が過去最多を更新している状況で、知的障害やその他の事情でマスクが着用できない一部の人を特別に配慮して、他の大多数の人を危険に晒すわけにはいきません。

まして、今はひらパーも踏ん張りどころ。

入園者数が激減している中、コロナ感染者を出すわけにはいかないでしょう。

 

次女には申し訳ないが、今日は雰囲気だけ楽しんでもらおう。

とは言え、フリーパスを購入していたのでこれが無駄になるのは非常に痛い。

そんな私の貧乏性から、何回かのマスクチャレンジにより奇跡的に着用できた瞬間を逃さず、メリーゴーランドに3回乗ることができました。

ただ、乗り物も良いけど、結局のところ、園内をあちこち走り回る方が楽しかったかも知れません。

それならそれで来たかいがありました。

 

その一方で、長女(7歳/小学1年生)は、これでもかって言うくらいに色んな乗り物を楽しんでいました。

コロナ禍で、なおかつ平日、園内はスカスカです。

どの乗り物も待ち時間無し。なんぼでも乗り放題です。

長女には日ごろから次女のお世話の陰で、色々我慢させてしまってますからね。

今日は思いっきり発散してもらいました。

そんな長女はジェットコースターに乗るたびに「ココロが止まるー」って絶叫していました。

そのたびに隣で私が「それを言うなら心臓が止まるの間違いやろー」って絶叫していました。

 なんじゃそりゃ、、、。

 

とにかく今日が二人の娘にとって楽しい休日であったなら幸いです。

f:id:oygkaizo-project:20201117130335p:plain

 

YouTubeで手軽に学ぶ

人生は学びの連続です。

学生や社会人はもとより、既にリタイアした人たちも日々何かしらの学びを深めていることでしょう。

 

私たちにとって、身近な学びのツールと言えば、昔も今も書籍が一番に挙げられると思いますが、それと並んで今の世の中ではインターネット上で学ぶ機会が増えています。

特にYouTubeにおいては有益な動画が無料でゴロゴロと転がっているようです。

「有料級」なんて言われ方をしている動画もあるとかないとか(どっちやねん!)。

ちなみに、私は将来に向けて(なんて悠長なことは言ってられませんが)改めて投資や資産設計のための勉強や、園芸をはじめとする副業のための情報収集にYouTubeを活用しています。

 

ただ、それぞれの分野の需要の大きさにより、情報の充実ぶりには随分と差があるため、学びにおいて、YouTubeをはじめとする動画サイトが書籍にとって変わるようなことはまだまだないように思います。

 

先に挙げた投資や資産設計、副業に関することよりも、私がもっと学びを深めたい分野は「知的障害」に関すること及び「認知症」に関することです。

このブログでもたびたび登場しますが、うちの次女は重度の知的障害を伴う自閉症、同居の母は正式に診断されていませんがまず間違いなく認知症と言われています。

「知的障害」も「認知症」も多額の広告収入に結びつくような人目をひく分野ではありませんので、やはりYouTube上での取り扱いは少なく、じっくり勉強する上では書籍を読み込むのが一番です。

 

しかし、こういった場合でも、とっかかり部分をYouTubeで押さえるというのは効果的です。

とっつきにくく、書籍を手に取るのも億劫な分野でも、まず概略をYouTubeで流し見するだけでも、その後の勉強がスムーズに運ぶ気がします。

(あくまでも私の場合ですが、、、)

 

ただし、動画によっては、内容の真偽について怪しい部分もありますので、結局のところ、書籍の読み込みが必要になります。

現在のところ、私にとってYouTubeは根本的な学びには繋がりませんが、スムーズな学びを図る上での導入文として十分な役割を果たしています。

今後もYouTubeを入り口に色んな分野について学んでいこうかなと思っています。

 

YouTube動画には広告が差し込まれてウザいと思うこともありましたが、息抜きのための5秒(5秒でスキップ)と思えば、それはそれで気になりません。

 

ではまた。

f:id:oygkaizo-project:20201117125950j:plain

 

子供時代の勝ち負けについて

最近、長女(小学1年生)がドッジボールに熱心で、私はよくその練習に付き合っています。

小学校での1番の楽しみのようです。

いつの時代でもドッジボールは子供に人気ですね。

私も子供の頃にまず最初にハマった遊びはドッジボールでした。

ただの遊びでも、とにかく負けたくなくて、かなりマジになってました!!

 

ところで、子供の成長過程において、いつ頃から勝ち負けを意識するようになるのでしょうか。

うちの長女の場合、幼稚園の頃はかけっこなどにおいても、走ることそのものは大好きですが、勝負には全く関心がないようでした。

負けて悔しがる子も多い中、うちの子は勝っても負けてもニコニコでした。

もちろんそれはそれで微笑ましいことですが、最近になってドッジボールで「勝ちたい、強くなりたい」と言い出したことに、私は親としての喜びを感じてます。

 

今時の教育では勝ち負けをつけない、競争させないという考え方も少なくないようですが、私自身はこれについては疑問に思うことも多いです。

ありきたりな言い方ですが、勝った喜び、負けた悔しさがあってこその人生かと、、、。

そもそも大人と違って、子供時代は勝とうが負けようが、長い人生にはそうそう影響がないように思います。

 

私自身は第2次ベビーブーム世代で常に競争にさらされてきたため、体に競争が刷り込まれているのかも知れませんが、自分自身は得るものも多かったように思います。

ただ、その傍ら、今になって考えると、全く競争のない社会よりも、目標や答えが定まっている競争社会の方がある意味「単純」で分かりやすく、個人的には生きやすかった気がします。

 

競争において、他者と比較されながら統一的な回答に向かって努力するほうがきっと楽です。

(良いか悪いかは別にして、、、)

競争を排除して、各々が自分なりの答えを探さなければならない社会の方が結果的に道に迷って敗者が増えるかも知れませんね。

いずれにせよ、厳しいです。

私なんかは競争のない社会に放り出されたら今頃迷子になっていたことでしょう。

 

個人的には幼少期は色んな競争にさらされて、勝った喜び、負けた悔しさを味わいながら、体力を養っていくのが良いんじゃないかと思います。

勝つことが全てという価値観を植え付けるつもりはさらさらないですが、勝つことを目標に努力を積み重ねていって欲しいです。

立場が変われば意見も変わるかと思いますが、うちの長女には「勝ちたい、負けたくない」という気持ちを大切にして欲しいと思っています。

そこで養われた力が、今後、多様な価値観で構成される社会において、迷子にならず生き抜いていく糧になると思っています。

f:id:oygkaizo-project:20201115160058p:plain

 

潔癖症と不潔 寝る前に思ったこと

世の中の人間を綺麗好きか否か、大きく二つに分けるとすると、私は綺麗好きに区分されると思います。

自分ではその程度と思っています。

「ざっくり言うと綺麗好き」って程度と自覚しています。

ただ、うちの嫁からは潔癖症と思われているようです。

なんか嫌ですね、「潔癖症」って言葉。

神経質そうで、病気っぽくて、、、。

 

いや、別にそんなに神経質なつもりはないんです。

普通、汚れてたら掃除しません?

そうしてるだけなんです。

それがなんか気に触るみたいなんですよね。

ちなみに掃除機かけるのは私の担当です。

(おのずとそうなります。)

朝に1回掃除機をかけて、その他、必要の都度、、、。

髪の毛いっぱい落ちてたら掃除機かけます。

子どもがおやつ食べて、そのあと食べかすが散らかってたら掃除機かけますよね。

家はきれいに保つよう育てられてるんで(刷り込まれてるんで)、今更この性格は変えられないです。

自分としては、当たり前のことをやってるだけなんですけど、嫁からすると当てつけのように感じるんですかね。

別に掃除してって頼むわけじゃないし、こちらが掃除するんだから遠慮なくやれば良いんですが、あー、なんかやりづらいです。

 

掃除に関わらず、気がついた者、気になった者がやれば良いと思います。

ただ、そうなるとうちの場合、全部俺がやることになるなぁ、、、。

あかん、寝る前に色々考えたら寝られなくなる。

これ以上書くと、その他諸々止まらなくなるっ、やめとこっ。

てか、別ブログ立ち上げるか 笑。

 

就寝前スマホからの更新でした。おやすみなさい。

f:id:oygkaizo-project:20201114224728p:image

 

コロナ感染!?まさかね、、、

本格的な冬が近づくにつれ、コロナ感染者数がどんどん増えてきましたね。

第3波襲来とも言われています。

そんな中、一昨日、米製薬会社のコロナワクチン臨床試験結果の発表があり、それが好感され、世界中の株式市場で株価上昇(爆上げ)が伝えられています。

何を隠そう、私は下手な投資でとんでもない含み損を抱え込んでいますので、多少なり解消されてほっとしているところです。

 

それはさておき、このコロナ第3波が言われる中、数日前から私と長女の咳が止まりません。

自分たちは原因がなんとなく分かっているので気にしていませんでしたが、さすがに今の世の中、それを許してもらえません。

で、昨日、病院に行ってきたところ、結局、私は季節性のアレルギーによる咳(毎年この時期に咳が出ます)、長女は鼻風邪からくる咳(鼻をうまくかめないので喉にたまって咳が出ます)とのことでした。

 

時期が時期だけに、やっぱみなさん咳には敏感になりますよね。

自分は全然気にしていないと言いつつ、いざ病院にいくとなると、素直にかかりつけ病院に行っても良いのか、それともどこか大きな病院の「なんとか外来」に電話してみるべきか、はたまた、保健所に問い合わせてみるべきか。

咳の症状がある場合の特別な手順ってあったっけ??

絶対コロナじゃないと思いつつも、色々迷ってしまいました。

毎日、数多くの感染者数が報道されていますが、どういう経路で判明しているんでしょうね??

こんなのん気なこと言ってるの私だけですかね、、、。

あっ、そうそう、昨日は長女との受診でしたので、とても楽でした。ラクショー♪

次女の場合はめちゃめちゃ手こずらされますが 、、、笑

f:id:oygkaizo-project:20201111132129p:plain

ところで、世間は、ゴートゥー、ゴートゥー言うて、コロナそっちのけで盛り上がってますね。

冷静に考えると、今ってそうやって盛り上がってる場合なんですかね。

もちろん、サービス事業者さんを支援していくためには必要なことと思いますが。

まぁ、私の場合は、その恩恵を受けられないので盛り上がっている人たちに対する妬み半分ですけどね。

ほんとは私もゴートゥーしてみたいっす。

 

今後、年末に近づくにつれ、会食の場が増えますから、その辺だけは心配です。

と言っても私にはそんな機会まったくありません。

今の生活を始めて8年、その間、一度も飲みに行ったこともありません。

あー、解き放たれたい!!ちょっとだけ自由が欲しい!!

f:id:oygkaizo-project:20201111132442p:plain